B型肝炎の症状

感染してしまうと厄介な病気というものは世の中にたくさんありますが、そのうちの1つがB型肝炎ウィルスというものです。 ウィルスに感染してしまうと最悪の場合劇症肝炎を発症して命を失ってしまう結果になる可能性もあります。さらに肝硬変や肝臓のガンといった難しい病気に発展してしまう可能性もあるのです。B型肝炎ウィルスに感染してもすぐに重大な症状が発症するとは限らず持続感染となる可能性もあります。この持続感染と言うのは感染したB型肝炎ウィルスが 六ヶ月以上にわたって肝臓の中に住み着くことをいいます。そして慢性肝炎という状態になり、その後もB型肝炎ウィルスによって病気が発症するかどうか不安な日々を過ごすことになるわけです。

母子感染残念ながら B型肝炎ウイルスはさまざまな経路で感染してしまう可能性があります。基本的にB型肝炎ウイルスに感染した血液や体液が体内に入ってくることによって感染するわけですが、代表的な例としては性交渉などで感染してしまうことがあります。しかしそうした性交渉等をしていないのに不可抗力でB型肝炎ウイルスに感染してしまった人々もいると思います。それは過去の集団の予防接種などで不衛生な注射器で注射をされることによってB型肝炎ウィルスに感染してしまった人々です。この悲惨な状況は長い間特別な救済処置が設けられずにいました。しかしついに国がその責任を認め過去の集団予防接種などでB型肝炎ウィルスに感染してしまった人々、さらにその人々から生まれ母子感染によって感染してしまった人々に給付金を支給する取り決めを設けたのです。